西川まさ子オフィシャルサイト

ワークショップ

実演付きの講習会、それがワークショップです。

西川流では1960年代より、伝統芸能日本舞踊を理解してもらえるよう続けているもので、歴史などの紹介に加え、三味線、鳴物などの邦楽の説明に加え、衣裳、かつら、化粧などのデモンストレーションを行い、普段見る事のできない舞台の裏側をお見せしながら行う参加型の公演です。海外でも数多く行い、国内では学校での教育の場でもできる気軽な親しみやすさが好評な公演と評価を頂き、その公演回数は過去5年で50回を超えるものと成りました。

プログラムは行う場所に応じて3つあります。

Aプログラム

350人~800人の劇場向き

【内容】
化粧の実演。衣裳、かつらの解説。邦楽の演奏、解説、及び体験。
大道具と照明の舞台設営の説明と日本舞踊。
ワークショップ75分
休憩15分
日本舞踊 長唄『鷺娘』30分
120分の公演

Aプログラム
Bプログラム

Aとおなじ人数

【内容】
Aと同じ
日本舞踊長唄『藤娘』

Bプログラム
Cプログラム

学校の講堂や350人未満の団体向き

【内容】
ABと同じで舞台美術と照明なし。
日本舞踊は長唄『娘道成寺』の一部。
時間は90分と60分

Cプログラム